So-net無料ブログ作成
検索選択

就職難と看護師

少し上向く傾向は見えるものの、長引く不況の中で雇用の状況は厳しい。その中で、看護師が再び注目を集めるようになっている。
看護師は患者の命に係わるとても責任の重い仕事であるというのは言うまでもないが、毎年、国家試験の合格率が9割程度と非常に高く、真剣に目指せばほとんどの人がなれるという職業である。しかし、看護師の絶対数は不足しており、政府が人数を増やす政策をとっているような状況であり、なってしまえば引く手あまたな状況なのである。つまり、この厳しい雇用環境の中、失業のリスクがとても少ないのである。
責任の重さや専門性、そして看護師の需要に対する人数の少なさという需給関係から給料も一般の仕事より高い傾向にあり、この点も好材料だ。
もちろん命を預かるような仕事であり、雇用の状況や給料だけで考えるべきではないし、大変な仕事であるが、それは裏を返せば大きなやりがいということでもあり、真摯に取り組めば満足度は高いのではないだろうか。


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。