So-net無料ブログ作成
検索選択

看護師が不足しているという状況で

看護師資格を持っている人はたくさんいるにも関わらず、資格を活かして働いていない人がいたりすることで、現場の看護師は不足している傾向にあるようです。
少ない人数で現場を回そうとするために、看護師一人一人にしわ寄せが出ているように思います。
娘の付き添い入院をした病院では、看護師の数はとても少ないように思いました。
ナースコールを押してもなかなか来てくれない、頼んだことをしてくれない、頻繁に訪室してくれないという状況で、入院中とても不安になりました。
看護師はバタバタと働いていて、これ以上ないぐらい頑張っているのだと思います。看護師の責任ではなく、看護師数を確保できていない病院側の責任かなと感じつつ、不満が募りました。
入院中は看護師の存在はとても大きなものとなります。気軽に話を聞いてくれる看護師、様子を気にかけてくれる看護師がいたら、それだけで患者はとても安心しますし、病状は変わらないとしても、それがマシにさえ感じることもあるかと思います。
看護師の数を確保することは、看護師の体への負担を減らすためでもあり、最終的には患者の満足度を高めるためでもあると思います。
これを解消しようとする、色々な対策が必要だと感じました。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。