So-net無料ブログ作成
検索選択

看護師になりたかった

高校の時にテレビ番組でマザーテレサが取り上げられており、惹きこまれてしまいました。自分も海外に出て困っている人達を救いたいと思うようになりました。世界中で困っている人を救うには看護師になるのが早いと思い、進学は看護大学に決めました。
入学すると同じ志を持った人が沢山いるため、みな優しくすぐに溶け込むことが出来ました。学業も順調に進み、3年生になってからは大本命の本格的な実習が始まったのですが、実習が問題でした。
家族や親類に病気の人がおらず、また自分自身もずっと健康でいたため、実際に病気を持つ人と接するのは初めてでした。
長くは生きられないような重い病気をもった人が多く、現実を目の当たりにして恐くなってしまいました。そのうち病院に行くことも辛くなってしまい、病気の人を看るのは自分には難しいと感じるようになりました。
看護師はただ人を助けたいという想いだけでは出来ないことが分かりました。卒業して実際に働いている友人も現実と憧れとは違い、日々の仕事をこなすので精一杯だと語っていました。それでも看護師の仕事を全うしているのは尊敬に値すると思います。
自分もなりたかったという思いは消えることはないでしょう。しかし、健康な人に対しても役に立てることは沢山あると思うので、別の分野で活躍できたらと思います。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。